こがねいカイロプラクティック

HOME >  コラム&レポート  > コラム

3月3日 花粉症くしゃみ→腰痛や首の痛みに注意

 今年も花粉症の季節がやってきました。
 関東の今年の花粉の飛散量は、例年比(過去10年の平均飛散量)よりはやや多く、昨年比では「やや少なめ」だそうですが、昨年の飛散量が大変多かったので今年も昨年並みに多いと思って対策した方が賢明ですね。暖かい日や雨上がり・風の強い日は要注意ですね。
 ちなみに小金井公園にも多少杉の木がありますが結構茶色くなったオシベがついていました。

 花粉症の方はこの時期にくしゃみを引き金にしてぎっくり腰や寝違い様の首の痛みを起こしてしまう方がいらっしゃいます。
 またその痛みが腰椎や頚椎の椎間板が原因の腰痛や首の痛みの場合もありますので注意が必要です。
 くしゃみをする時は大抵の方は前かがみになって背中から腰を丸めて不用意にやってしまいますが、この姿勢は体が前に倒れないようにする為、自然と腰部の筋肉に力が入っています。
 この時にくしゃみによって腹圧が後方に向かい急激なさらなる緊張がかかることで腰や首のダメージとなってしまいます。
 くしゃみをする時は逆に少し腰をそらしぎみにして行う方が安全です。
 腰をそらすと痛い方や、症状の悪化がみられる方はテーブルなどに手をついて体重を腰以外の部分でささえられるようにして行ってください。
 
 また、症状をひどくする要因の一つに寝不足もありますが、鼻づまりでよく寝れないという方もいらっしゃるかと思います。通常なら高さが高い枕はおススメしませんが、少し枕を高めにした方が頭部のうっ血がなく、鼻づまりしにくくなることもあるので、枕の下にバスタオルなどをを折りたたんでいれて通常より高めにすると楽になる場合がありますので、鼻づまりで寝れない方はやってみて下さい。
 
 杉花粉の飛散のピークは3月上旬~下旬です。症状に応じて外出の際はマスクや花粉症用のメガネを使用したり花粉が付着しやすい毛羽立った衣類をさけたりして、うっとうしいこの時期を乗り切りましょう。
 
 なお、花粉症の来院者様で施術中にクシャミや鼻水でティッシュがほしい方は施術途中でも遠慮なくおっしゃってください。