こがねいカイロプラクティック

HOME >  コラム&レポート  > コラム

9月13日 中秋の名月・・・お月見は首を痛めないよう気をつけて

お月見は首を痛めないよう気をつけて!
 今年の十五夜は例年より少し早く9月13日(金)だそうです。小金井公園の「お月見のつどい」は10月5日(土)と10月6日(日)に行われるようです。天気が良いといいですね。しかし月を見上げる時は首を痛めないように注意です。


 月を見る時はあまりながく見上げていると、首が過度に反った状態を持続することになり、かなり首の負担になります。すでに、頚椎症や頚椎ヘルニアなどで首を痛めている方はもちろんですが、そうでない方も首肩こりなどがある方は気をつけましょう。

 実際に月を見る時は背筋をしっかり伸ばした状態で見上げる様にして見て下さい。そうすることで上を見上げた時の頚椎が反りかえる負担のいくらかを胸椎も行ってくれることになるので首にかかる負担はかなり軽減できます。  逆に背中が丸まった状態で上を見上げると、頭が前方に突出した位置から首を反ることになり、より強く反りかえって首への負担が増してしまい痛みやしびれの症状がでたり悪化してしまうので注意しましょう。

 お月見に限らずではありますが、上を見上げる動作を引き金として首肩の症状が発症してしまうことは、実際よくある症例です。そような状況になってしまったらぜひ武蔵小金井のこがねいカイロプラクティックにいらしてください。